協会ビジネスアカデミー

No Title

協会ビジネスの収益の柱の一つとして、 コンテンツ使用料があります。  これは、認定講師が協会の講座を開講した際に、協会に支払ってもらう金額のことです。  このコンテンツ使用料の割合は各協会で異なりますが、一般的には 30~40%のところが多いです。  つまり、3万円の講座であれば 9,000円~12,000円をコンテンツ使用料...

協会ビジネスで年会費を取り続ける方法

協会ビジネスで年会費を取り続ける方法

年会費を設定しても、認定講師にとってメリットがなければ年会費を支払ってまで協会に所属してくれません。  仮に払ってくれたとしても、 不満がたまっていくだけです。  そこで、年会費を支払ってくれた会員に対して 協会が提供できる特典について 一例を挙げてみました。  ・システムを利用させる 販促に使える診断ツールなどを提供してあげ...

競合と差をつけるためのブランドのつくり方

競合と差をつけるためのブランドのつくり方

協会ビジネスにおけるブランディング戦略 協会は昔に比べて一般的になってきました。そのため、今は協会を作っただけで講座が売れるわけではありません。 他協会や他セミナーとの差別化をはからなければなりません。 そのための方法がブランド化戦略です。 代表理事以外でも講座に集客できますか? 講座を受けてもらいたい人(Aさん)を集客するた...

講師に与える収入は複数用意しましょう!

講師に与える収入は複数用意しましょう!

協会ビジネスでは、 認定講師を稼がせてあげられることがとても重要なポイントです。  そのためには、講座をたくさん開講してもらうことが一つの方法です。  それ以外にも複数の収入の道を作って あげることができると、さらに満足度が 高くなります。  あなたは、認定講師に講座収入以外の 収入の道を提供してあげられていますか?  例えば...

集客できる講師とできない講師の違い

集客できる講師とできない講師の違い

いつも口コミだけで受講生が集まり集客に苦労しない認定講師と、一生懸命ブログやメルマガを頑張ってもなかなか受講生が集まらない認定講師がいます。 同じカリキュラム、同じスキルを持っているのに、なぜでしょうか? それは、その先生の人間力に理由があります。 「先生といる事がとても楽しい!」「講座を受ける日...

新しい認定講座を提供しよう!

新しい認定講座を提供しよう!

認定講座を受講した人は、 認定講師になった全員が 先生として活動するでしょうか?  いいえ、そんなことはありません。  実際に認定講師として活動するのは 一般的には20%程度しかいません。  では残りの80%はどうなるのでしょうか?  中にはそのまま去っていってしまう人も いると思いますが、多くの人は違います。  残りの人たち...

認定講師に与える報酬「ポジション」

認定講師に与える報酬「ポジション」

協会ビジネスは、 短期間で一気に自分の講座を広めてくれる 人を作るビジネスモデルです。 言いかえれば、 これまで単に学ぶだけだった人が、 短期間で「先生」になれるということです。 これは、 多くの人にはとても魅力的です。 例えば、ビーズの認定講師として 活躍している先生たちは、 結婚・出産を経て仕事に復帰しようと 思っても思う...

認定講師に与える6つの報酬

認定講師に与える6つの報酬

認定講師に活躍してもらうために重要なことは、 認定講師自身が、満足感、充実感を得ながら 働けることです。  そのためには、「理念」を共有することがとても大事です 。  しかし、 理念だけでは認定講師に 満足感、充実感を与え続けることはできません。  講師となった先に、どのようなゴールがあるのか? それを、協会は示さなくてはなり...

講座収入以外の収入の道

講座収入以外の収入の道

認定講師にとっての収入源は、 講座を開講した際の受講料です。  それに加えて、別の収入の道を 与えてあげることも考えてみましょう。  例えば、 ・受講生に教材を販売する ・デザイナー、アーティストとして作品を販売する ・カウンセラーとしての活動する ・診断ツールを販売する  といったことが考えられます。  上記で認定講師が得た...

認定講師同士のトラブル防止法

認定講師同士のトラブル防止法

先日セミナーを開講した際に以下のような質問をいただきました。「認定講師が増えてくると、同じ地域にたくさんの認定講師が誕生してしまい、お客さんの取り合いなどのトラブルになるのではないでしょうか?」確かに上記のような場面は、協会が発展していくと発生してしまいます。正直に言うと、このような場面でトラブルを0にすることは難しいです。し...

Return Top