協会ビジネスアカデミー

No Title

協会ビジネスの収益の柱の一つとして、
コンテンツ使用料があります。
 
 
これは、認定講師が協会の講座を開講した際に、
協会に支払ってもらう金額のことです。
 
 
このコンテンツ使用料の割合は各協会で異なりますが、一般的には
30~40%のところが多いです。
 
 
つまり、3万円の講座であれば
9,000円~12,000円をコンテンツ使用料として
協会に支払ってもらうということです。
 
 
この金額を多いと思いますか??
 
 
こんなに多い金額を認定講師から
取るなんて、ちょっと。。。
 
 
と思ってしまった人は、もう一度
協会ビジネスの原点を考えてみましょう!
 
 
何度も何度もお伝えしているとおり、
協会ビジネスは
認定講師ありきのビジネスモデルです。
 
 
認定講師が活躍できなければ
ビジネスモデルとしてはうまくいきません。
 
 
そして、認定講師を活躍させるためには、
協会は協会自身や講座をブランディングし、
質を高め、新しいカリキュラムを
作っていかなければなりません。
 
 
集客のための仕組みを作ったり、
顧客を管理するシステムを作ったり、
認定講師が使用できるセミナールームを用意する
といったことも必要になってきます。
 
 
これらを実行していくためには、
当然費用がかかります。
 
 
それらの費用を認定講師からいただいた
コンテンツ使用料等でまかなっていくわけです。
 
 
コンテンツ使用料以上の価値を
認定講師に提供する。
 
 
これができるのであれば、30~40%の
コンテンツ使用料は決して高くありませんよ。
 
 
自分が潤うためだけにコンテンツ使用料をもらっている協会は
継続的には成長していきません。
 
 
先に認定講師に与えてください。
認定講師のために何を与えることができるか、考えてみましょうね!
Return Top